盗作とパクリ

なっちの盗作

「なっち」こと安倍なつみが盗作で芸能活動を2か月間自粛、紅白も辞退するらしい。

俺は別になっちがどうなろうと知ったこっちゃないけど、盗作ってのは微妙な問題だと思う。

俺が思うに盗作とパクリは紙一重だと思う。個人がどう捉えるかなんじゃないかと。ちなみにこの文章の中でパクリって表現はアリなもの、肯定されるコピーっていう使い方をしていく。

盗作問題で頭に浮かぶのが小林亜星と服部克久(だったと思う)の盗作論争。俺ら世代より若い人達は知らないかもしれないが、「あっぱれさんま大先生」で歌われてた『記念樹』って曲を服部って人が盗作したって言う内容。

俺から言わせれば「そんなに大した問題じゃないんじゃないの?」って感じだ。

盗作、盗作って言うけど、そんなに騒ぐほどの問題なんだろうか?確かにオリジナルを創り出すのは難しく、コピーするのは簡単だ。でも、その「コピーする」って行為には少なからずオリジナルへのリスペクトが含まれているはずだ。自分が嫌いなもののコピーを進んでやるはずがないと思う。

コピーされるってのは認められた証だと思うけどどうだろう?一時期程でないにしろ、音楽業界はカバーブームだし、テレビではものまねタレントが生き延びている。

確かモーニング娘の何かしらの曲は洋楽のカバーだったような気がする。あまり世間的に明らかにされていないので本当はどうなのかはっきりしないが、ラジオか何かでそう言ってた気がする。それだって「誰々のカバー」って言わなきゃ盗作なんじゃないのか?

テレビの世界ではものまねタレントがたくさんいる。神無月とかイジリー岡田とか、春一番とか、プリティー長島とか、最近ではホリとか、へたするとナイナイの岡村さんだってこっちに入りかねない。それだって見方によっては盗作じゃないのか?

盗作とパクリの境界線ってどこだろう?本人の許可がある、ないなのか?それとも参考資料とか抜粋っていう形の但し書きのある、ないなのか?結局のところはその辺の基準が分からない。一応そういうものの基準として「著作権」ってのがあるんだろうけど、何がオリジナルで何がコピーなのか?ってのを見分けるのも難しいだろうし、日常的なものと創造されたものの線引きも難しいと思う。

盗作によって紅白を辞退するほどの事なのかもよく分からない。

人の使ってた言い回しや表現をよくパクッてる俺としては気になるニュースだった。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-12-03 17:06 | 世間


<< 阪神JF予想 細木数子 >>