<   2005年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ゆく年、くる年

今日は大晦日。世間にならって俺の今年1年の公(職)私(プライベート)を振り返りたい。

1月
 ○3日の初詣、その後友人に彼女が出来る
 →今年の始まりはめでたい話題から。来年はあやかりたい。

2月
 ○バイトの後輩に紹介してもらった女の子に映画デートをドタキャンされる
 →前日の夜中2時のこと。それも印象深いし、雪の日に初めて会ったってのも印象深い。
 ○soweluのライブを観に行って、インフルエンザに感染
 →ライブはよかったけど、前にいたオッサンが気になってしょうがなかった。まさかインフルエ
  ンザにやられるとは予想外だった。

3月
 ○部活の後輩に紹介してもらった女の子にデート後、陰で泣かれる
 →「いい人なんだけど・・・」って言葉を伝え聞く。俺にはどうしようもない。
 ○誕生日に誰からも祝いのメールなし
 →ちょっと寂しい。

4月
 ○中国で反日デモ
 →この月は自分自身の目立った出来事は何もなかった・・・。

5月
 ○ブログで競馬教室、プロレス教室を始めるも、評判悪く失敗
 →いろいろ伝えたいこと、広めたいことはあったけど、そういうものは個別に、ニーズがあった
  時だけにしといたほうがいいみたいだね。

6月
 ○国家Ⅱ種試験受験
 →これって振り返ると上半期に入るんだね。持てる力は出し切ったけど、持ってる力が不足してた。

7月
 ○試験結果が出て、不合格
 →自分ではもっと際どいと思ってたけど、結構ボーダーに差があった。勉強っていう分野では自分を追い込
  めないってのが分かった。
 ○友人と海へ2回
 →友人と平日に海へ。1回は海にいた女の子と花火やったり、夜の海で泳いでた大阪人と知り合ったりし
  た。

8月
 ○就職面接スタート
 →試験の結果を受けて就職活動開始。最初の面接を受けてから4ヶ月も経ったんだね。そんなに経った気が
  しない。
 ○バイトの先輩の紹介で知り合った女性とデート、だけどそれっきり
 →予定を合わせようにも向こうが「忙しい」を連発してくる。6時には仕事終わるくせに。個人の事情は分かん
  ないけれど。もっと忙しい思いをしてたことのある俺にしたら「何言ってんの?」って感じ。価値観が合いそう
  になかった。

9月
 ○万博が盛り上がるも、行かず
 →行けばネタにはなったかもしれないけど、興味が沸かなかった。
 ○ボコボコな飲み会が開かれる
 →いろいろな面でボコボコだった。でも、またそれも経験の1つ。

10月
 ○ディープ、3冠を達成、菊の予想が的中するも馬券を買い忘れる
 →今年の競馬はディープ1色。俺の馬券的な出来事もこれが1番デカイ。小アタリしかなかっただけに尚更。

11月
 ○友人と同窓会を主催、成功に終わる
 →ハガキ書き、店の予約等に携わる。やってよかったと思う。
 ○旭野ラグビー部、西陵を倒して花園へ
 →何回も書いてるけど、やっぱりうれしい。いい試合だった。
 ○就職面接ラッシュ
 →12月の大阪での面接も含めて、面接が多かった。結果は思わしくなかったけれど・・・。

12月
 ○友人に彼女が出来る
 →人のノロケ話ほどどうでもいい話はないと思う。
 ○X’masパーティーに出席
 →ここから新たな展開が生まれる予感。

こうやって振り返ると自分的には公私共にいい話題はほとんどない1年だったように思う。チャンスはあるけれど、つかめなかったって感じもする。でも、気持ち的には決してネガティブにはなってないし、自分の経験値も上がったと思う。

それを踏まえて来年の言葉として「スタートライン」って言葉を意識したい。幸いなことに今の時点では公私共にスタートの予感はあるから。それがうまくいくかは分からないけれど。

今年が今年だけに、来年はいい年になるといいな。

じゃ、また。

 
[PR]
by toproad3000 | 2005-12-31 12:20 | 出来事

旭野高校ラグビー部の冬、終わる

旭野高校ラグビー部ホームページ

1回戦は快勝した旭野だけど、2回戦は大分舞鶴に14-31で負けたようだ。

今回も試合を観てないから何とも言えないけれど、後半だけなら14-5だったようだから善戦と言えば善戦なんだろうと思う。

何でそこまで?って言う人もいるけれど、やっぱり母校の自分のいた部活が全国大会に出るってのはうれしい。今のメンバーを誰も知らなくても。特にうちは花園常連校ではないだけに尚更だ。

来年のチームがどれだけ強いかは分からない。連続で出れるかもしれないし、何年も出れないかもしれない。そればっかりは運だったりもする。

ああ、自分達の代で花園出たかったな。そればっかりはしゃ~ないけれど。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-12-30 19:26 | スポーツ

慌ただしい年末年始?

実家にいて、彼女もいない俺だけど、何だかんだ言って年末年始っていうのは何かと予定が入る。

まずバイト。世間の人が働いてない時に働くのがサービス業の宿命だからしょうがないけれど、学生時代からもう5年程大晦日、新年をバイト先で迎えることになる。

あとは友人に会う予定。遠くに行ってる人間と久々に会えるのはやっぱり新年かお盆くらいになるよね。実家に帰って来てないと会えない訳だし。

顔なじみの友人にも会う。遠くにいるはずなのにほとんど近くにいるような感覚の友人とか、週末ごとにこっちに戻ってくる友人だとか。

友人と会って話をしてる時間って充実してるなあって思えるし、大切にしたい時間だと思う。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-12-29 17:35 | 思考

祝!旭野高校花園初勝利!

旭野高校ラグビー部ホームページ

旭野ラグビー部が花園初陣で初勝利を飾ったらしい。ホームページの掲示板に書いてあった。名護高校に43-7だって。1回戦は勝つと思ってたんで、よかった、よかった。

ちなみに俺はあれだけ前から行く予定にしてたのに、バイトが休めず行けなかった。しかもCBCは放送しないみたい。俺らが現役の時は初日からダイジェストをやってて、愛知県代表の試合の時は全部流してたのに。これもラグビー人気の低迷のせいなのか・・・。

実際に試合を観てないから何とも言えない部分はあるけれど、43点取ってるなら危なげない勝ちだったんでしょう。でも、雰囲気とか、ミスの多さ、少なさ、動きの質とかは実際目で観ないと分かんない。次が次なだけにどうだったのか。

次回は30日だけど、次回も行けそうにない。また結果を聞いたり、調べたりするだけになりそうだ。

何はともあれ、花園初勝利おめでとう!

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-12-28 15:11 | スポーツ

ことわざ

入院してたパソコンが今日戻ってくるらしいけど、まだ戻ってこない。メールのチェックも兼ねて今日は漫喫から。

「思い立ったが吉日」、「善は急げ」と「果報は寝て待て」、「急いては事をし損じる」とか、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」と「待てば海路の日和あり」、「2度ある事は3度ある」と「3度目の正直」みたいに全く逆の意味のことわざが存在する。これってどう捉えたらいいんだろう。

結局はケースバイケースってことになってしまうけれど、困った時とか、悩んでる時ってどっちに捉えればいいんだろう。両方あるってことは人生の先達がそういう体験をしてきたからそういう言葉が残ってるんだろう。

でも、思い悩んだりする時にこんだけ反対のことわざがあると信憑性みたいなのはなくなるよね。ことわざって信憑性どうこうの問題ではないかもしれないけれど。結局は自分次第ってとこだろうか。

どうでもいいことかもしれないけれど、ふとそんなことを考えた。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-12-27 18:59 | 思考

板挟み

何か2つ以上のコミュニティ-に属していたり、関係してたりすると必ず板挟みになる。どっかしらで何かしらの折り合いをつけないといけない。

よく「筋を通す」って言う。俺も各方面に「筋を通したい」と思う。でも、なかなか全ての人が納得するようなやり方って言うのは難しい。

体は1つしかない訳で、どうしてもどこかで不満を感じさせてしまったり、不都合が起きたりする。それでも、そういう状況でも相手を納得させれるのが人徳ってやつかもしれないけれど。

何を優先させて何を後回しにするのか?いつがチャンスでいつ動くべきなのか?どこでどう折り合いをつけるのか?

人生が続く限り板挟みも続いていく。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-12-26 04:49

人の縁

前の会社の人事の人がよくこう言ってた。「人間は感情の生き物である」と。その通りだと思う。

人との縁って大切にしたいと思う。何かの縁で出会って同じ空間で同じ時間を過ごす。

でも、やっぱり俺も「感情の生き物」だから合う人、合わない人がいる。自分を認めてくれる人、自分によくしてくれる人との関係は大切にしたいと思う。逆に、認めてくれない人、よくされない人とは関係が希薄になったりする

噛み合わない相手とどう付き合うかが「世渡り」ってやつなのかもしれないけど、自分が人間である以上はうまくいかない相手、価値観の違う相手がいて、それなりの対応しか出来ないのもある意味仕方がないと思う。

「袖触れ合うも多少の縁」、縁を大切にしなきゃ。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-12-25 05:08

有馬記念予想

明日は有馬記念。今年を締めくくるのはやっぱりあの馬なのかどうか。

◎ディ-プインパクト
○デルタブル-ス
▲ゼンノロブロイ

◎ディ-プインパクト今年の競馬界と言えばこの馬でしょう。初めての古馬相手でも大丈夫なはず。

○デルタブル-ス。「やっぱり」と思われるかもしれないけど、外せない。レコ-ド決着のJCに出なかったことは大きいはず。菊花賞馬の力を見せてほしい。

▲ゼンノロブロイ去年の現役最強馬で、未だ大崩れなし。JCの反動と引退レ-スってのが気になるが、無様な競馬はしないはず。

◎→○▲の馬単。

当てて気分よく年越ししたいね。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-12-24 17:04

運命の再会?そして歩く

パソコンが壊れて修理に出してるので、しばらくは携帯からの記事になる。初めて携帯から書くからうまく行くか分かんない。おかしいとことかあったら後日直すところもあるかも。

さて、昨日、東京に住んでる友人が大学時代にバイトしてたBARのクリスマスパ-ティ-に行ってきた。

かなり楽しい会だったんだけど、その中でとある常連の人に会った。その人とは前にちょっと話をしたことがあったんだけど、気さくな感じの人だ。友人と話をしててもいい人だと言う。

その人と話してる中で、その人から「うちの会社に来ない?」と言われた。友人曰く、「その人なら本気で動いてくれるし、その職業はお前に向いてる」ってことだ。

ひょっとするとこれが運命の再会ってことになるかもしれない。取り敢えずは向こうがOKならBARで飲みながら仕事の話を聞こうと思ってる。

さて、楽しい時間はすぐに過ぎるもので、終電ギリギリの時間までそこにいた。地下鉄は動いてたけど、そこからが動いてなかった。

そこで大曽根から家まで雪積もってる中を歩くことにした。別にタクシ-代をケチった訳じゃない。最近運動不足だったし、ある意味、働いてたら出来ないことだと思ったからだ。

家まで2時間、雪道を歩いて帰った。

昨日はほんとに楽しかったな。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-12-23 14:43

プレッシャー

俺はプレッシャーを感じやすい人間だし、すぐに緊張する。だから自然体って言葉を心がけて、気持ちでは「出たとこ勝負」って考えるようにするんだけど、それでもいろいろ考えちゃって、必要以上に意識してしまって緊張してしまう。もはや緊張してる状態の自分が「自然体」になりつつあるのかもしれない。

俺は「日常」ってものが好きで、あまり「非日常」を好まない。他人からどう見られるかを気にしすぎる傾向もある。だから「非日常」の場は俺にとって緊張の対象になる。

最近で言えば面接の時は何回受けてもそれなりに緊張するし、前日はそうでもないんだけど、当日の朝とかは何だかんだ言っても意識しちゃう。昔の話で言えばやらなきゃいけないことのある商談。どうしても強く意識しちゃって、普段通り話せばいいところでもぎこちなくなったりしちゃう。

とある本で多くの大舞台に立ってきてる人が緊張を解消する方法なんてない。そういう舞台に立ち続けることで自分の心のメカニズムが分かって、緊張に立ち向かうすべを知ってゆくって書いてた。そういうことから言うと、まだまだそういう舞台に立つ回数が少ないってことなんだろうか。

ほんとに「出たとこ勝負」って言うなら何も準備せず、何も考えずってことになるのかもしれないけれど、全く準備しないのは問題だと思うし、最低限しておかなきゃいけないこともある。でも、そういうことをしてるうちに意識しすぎる。

心で「大したことじゃない」って思うようにしようとすると逆に意識する。だからと言って重く考えようとするとそのままより重たい気分になる。

そういう部分も含めて、そういう場に立ちながら自分なりの対処法を見つけていけばいいのかもね。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-12-22 13:54 | 思考