<   2005年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ヒゲを剃る

今日、出掛ける前に風呂に入ってヒゲを剃っていたら、上唇を切ってしまった。2~3ヶ月に1回はやってしまう。

ここしばらく、出掛ける前にシャワーを浴びて、そん時に頭洗って、洗顔して、体洗って、ヒゲを剃るっってのが当たり前になってる。家に帰ってからはめんどくさくて風呂に入らず寝てしまう。あと、最近、全く湯船に浸かってない。

まっ、どうでもいい話なんだけど。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-01-31 21:35 | 出来事

あだ名

俺はあだ名が好きだ。あだ名で呼ばれるのも好きだし、あだ名を付けて呼ぶのも好きだ。

なんか、あだ名には親しみがこもってるような気がする。

中学、高校時代は顧問の先生からあだ名で呼ばれてた。

大学時代に中国語を習う学部にいたから、中国語の読み方で相手を呼んでいたが、俺的にはそれを「あだ名」として認めたくなかったし、俺はそれはしたくなかった。あくまで俺の勝手なこだわりなんだけど。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-01-30 19:21 | 思考

新日本、NOAH、全日本、ハッスル

最近の新日本はどうやらおもしろくないらしい。会社側は新闘魂三銃士を売り出したい意向のようだが、柴田が退団するかもしれないようだ。

プロレス好きの友人とも話していたんだけど、こうなってしまってるのは第三世代が中途半端だからって気がする。

永田はそこそこやってるのかもしれないけれど、天山中西がどうも物足りない。天山はG12連覇してるけど、何故かインパクトが薄い。中西なんて最悪だ。ふらふら総合に出たり、キャラが出来てなかったり。武藤を倒してG1獲った時にはものすごい期待をしてたのに、未だに中途半端だ。第三世代で唯一評価してるのは西村だけだ。はっきり言って好みの問題なんだけど、あの独特の世界が大好きだ。ムタの運転するトラックにハコ乗りしたりとか、そういうのがかなりアツい。

ゴングでターザンが「新日本は盟主の座から陥落した。今はNOAHの時代だ。」って言ってたけれど、俺も全くその通りだと思う。それに敏感に反応した蝶野もさすがだと思うけれど。

そのNOAHが今、おもしろそうだ。天龍鈴木もNOAHに上がっている。NOAH内部でも、ジュニア、ヘビー共におもしろい試合をしてるようだ。

俺の推測だけど、NOAHのプロレスは純プロのおもしろさ、プロレスファンの期待するものをそのままやってるんだろうなあと思う。各自が自分の役割をしっかり分かってて、会社もプロレス団体として、軸がしっかりしてる。どっかの会社みたいにプロレスを分かってないようなオッサンが社長をやってる会社とは違う。

全日本も最近はおもしろくなってきてるようだ。武藤色ってのが浸透してきてるようだ。トップレベルのレスラーっていう面では頭数は少ないのかもしれないが、数が多すぎて柱になる選手が決まらないよりはいいのかもしれない。マシン軍団もそれなりに話題を作ってるようだし。

あとはやっぱりハッスルだね。今度名古屋に来るんだけど、メインが小川vsインリン様なんだよね。まあ、ハッスルらしいと言えばハッスルらしいんだけど、どんな試合になるんだろう?結構知り合いが観に行くんで、感想を聞いてみよう。何だかんだ言ってもやっぱり世間ってのを意識してるのがハッスルなんだろうな。方法論は他の団体とは違うかもしれないけれど、一般人にアピールするには有名人ってのが手っ取り早いからね。そういう意味では総合におけるK-1とPRIDEに似てるよね。一般層にアピールするのか、勝負論を見せて通好みにするのか?同じ高田絡みでも両極にあるってのがおもしろいね。

そう考えると、今お金を出して観に行きたいのはNOAHハッスルだね。今の新日本にはお金を払ってまで観る価値はないと思う。

俺としては、方法論はともかく、もっとプロレスが世間に浸透するといいなって思う。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-01-29 15:44 | プロレス、格闘技

まだ落ちる

相変わらず電源が落ちる。ほんとにイライラする。

なんとかなんないものか?

他のブログも落ち着いて読めない。いよいよサポートセンターにTELか?

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-01-28 19:27 | 出来事

sowelu(ヒロシ)のCM

a0021542_12264192.jpg今、soweluのアルバムのCMが観たくてしょうがないのだけれど、テレビを観てても、お目にかかる機会がない。『カウントダウンTV』をビデオに撮っといてCMをチェックしてたのにやってなかった。倉木麻衣のCMは流れてたのに。

何故観たいのか?って言うと、ヒロシのネタ?のみで、soweluのアルバムの事については触れられてないCMらしいから。俺はsoweluもヒロシも大好きだから気になってしょうがない。

世間で1時期に流れてるCMって何本あるんだろう?昔から流れるような定番モノから最新のモノまで、何十本?何百本?何千本?

そんな中からピンポイントであるCMに遭遇するのはなかなか難しいのかもしれない。よく見かけるCMとそうでないCMがあるような気はするが。

観たいCMを観れる機能がついたTVとかあれば売れそうだけどな。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-01-27 12:23 | 娯楽

電源が落ちる

最近、ネットにつないでると結構な確率で電源が落ちて再起動される。

まだ、この文章を書いてる時に落ちたりはしてないのでいいけれど、長い文を書いてる時に落ちたら発狂しそうだ。

原因はなんなんだろう?

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-01-26 15:16 | 出来事

倫理観と人間

この地球上で生きてる生物にはいつか種の終わりが来るらしい。人間もその例外ではないようだ。俺らが生きてるうちはいいようだけど、その後のいつかは人間が絶滅するみたいだ。

でも、人間は科学の力によって自然のサイクルを破壊しながらも、自然のサイクルを変えたりしてるから、その科学の力で人間の絶滅も防げるんじゃないか?とも思う。

今、アメリカでは盛んにヒトゲノムの研究がされていたり、その他の国でもクローンの研究がされていたりする。

今の姿、形の人類が生き延びていくためにはこれらの研究が不可欠だと思われるけれど、そこに出てくるのが倫理観の問題である。

キリスト教の国では、人間を創り出す事は神の領域だという事をよく言われる。日本でも同じような事を言われる。

アメリカでは、進化論について、「サルから進化して人間になった」って事を教科書に載せない方がいいと思ってる人が多いと言う記事をどっかで読んだ。それ程アメリカにおいてのキリスト教ってのは重要なんだろう。

人間の存続に関して、究極的には倫理観を重視して滅びていくか、科学の進歩に頼って生き延びるか?っていう選択を迫られる事になっていくんじゃないかと思ってる。そんな時代まで生きてはいないだろうけど。

宗教ってのは今までも書いて来た通り、漠然として答えのないものに答えを付けるものだと思う。だから人間にとって都合のいい解釈も含まれていると思う。

神うんぬん言って自然を大切にとか言うなら、工業化とかもどうなの?ってなるし、生命を大事にとか言うなら、養殖とかも神の領域になるんじゃないのか?とも思う。

もし究極的にそういう場面がやってきたら、地球を完全に捨て去るってのもまた1つの手段かもしれない。そうなると全く姿、形の違う生物になるかもしれないらしい。

俺は自分が死んだ後の人類なんて知ったこっちゃないけど。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-01-25 17:23 | 思考

大久保、ケガを押して出場

大久保、レアル戦に出場

大久保がケガを押してレアル戦に出たらしい。ヒザの皿が欠けている状態らしいけど、試合に出てもいいんだろうか?そんな状態で動けるもんなんだろうか?

でも、やっぱりケガを押しても出たくなるほど、レアル戦ってのは特別なのかもしれない。ファンに認めてもらいたいって気持ちもあるのかも。

どうでもいい話だけど、プレイボーイでドゥンガの連載が復活した。ちょっとうれしい。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-01-24 11:33 | スポーツ

無期限の命

人間、寿命が分からず、無期限の命だとしたらどうだろう?不老不死になったらどうだろう?

体は衰えていくものだし、人生、今の時代なら短くても60年、長ければ100年は生きていけるだろう。(事故とかは別として)

生きていく上で、いろいろいい事があったり、やな事があったりで、いろんな感情を抱きながら、その日その日の体調とも向き合いながらやってってるけれど、最終的には人間には寿命があって、最終的には死ぬって前提があって動いたり、考えたりする。

その前提となる概念がなくなったとしたらどうなるだろう?不老不死だったり、死ぬ事が見えなかったりしたら。

年齢から来る焦りとかは無縁になるだろうし、女性にとっては不老不死なら美しく、若いままでいられるからいい事なのかもしれない。そう考えると女性にとっては「不死」よりも「不老」の方が重要で、そっちだけを望むのかもしれない。

「不老」だけで考えるのは置いといて、人生無期限になると、そのうち究極的には生きる事自体がイヤになる時がくるんじゃないか?って思う。終わりが見えるからいろいろ計算や想像が出来て、苦痛に耐えたり、必死こいたり出来る訳で、それが永遠とか、エンドレスって事になると、そのうち嫌気が差してくるんじゃないだろうか?

そう考えると、自分は何故生きてるんだろう?とか、自分は何のために生きてるんだろう?とかっていう宗教的な部分に辿り着いちゃったりもする。

でも、そこには誰もに共通な答えなんてない訳で、そこをどう定義しようが個人の勝手な訳で、その答えが、「神の意思によって生かされてる」でも、「人類の発展のために生きる」でも、「ただ死にたくないから生きる」でも、何でもいい訳だ。その答えの1つの具体例の提示が宗教だって思う。

最終的には、「自分の生きたいように生きる」って事なのかもしれないね。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-01-23 16:24 | 思考

資金援助

日本は世界の国々に資金援助をしている。

ふと思ったのだけど、資金援助って子供のお年玉と一緒なんじゃないのかって。

国という親にお金をあげるんだけど、親が子供に還元しなければ親の利益にしかなんない。親が誰からもらったお金か言わなければ、子供は誰からもらったのか分からない。

何か、中国や北朝鮮への援助について、そう思った。

援助は子供の立場である国民に行き渡ってるんだろうか?日本からの援助だって知ってるんだろうか?

付き合いの中で嫌がらせや内政干渉してくる相手に援助する必要があるんだろうか?

ふと、思った。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-01-22 18:40 | 世間