<   2004年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

婚約式

中学時代からの女友達の婚約式に出席しました。

教会での式で、思うところがいろいろあったので、明日以降書いていきたいと思います。

今日は疲れたんでこの辺で。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-10-31 17:12 | 出来事

天皇賞(秋)予想

先週の万馬券getに続いて、今週も当てたいとこですな。

(1)馬場状態が重、不良の時
◎ゼンノロブロイ
○ローエングリン
▲シルクフェイマス
△ヴィータローザ

まず、重、不良馬場予想から。案外雨でも稍重くらいで済むんじゃないの?って気はしないでもないけど、多分明日は重か不良でしょう。

◎ゼンノロブロイは宝塚の時は裏切られたけど、好位からしっかり抜け出るとみる。ぺリエ騎乗も魅力。

○ローエングリン。良なら後続の馬に絡まれて直線は差されると見てたが、重になれば逃げ粘れるんじゃないかと思う。

▲シルクフェイマス。この馬も好位から行けるだろうと思う。そこまで切れ味で勝負する馬でもないとみる。

△ヴィータローザ。ひょっとしたら2着はあるかな?って感じ。配当がつきそうだからかなり薄めに。

(2)馬場状態が良、稍重の時
◎テレグノシス
○ツルマルボーイ
▲ナリタセンチュリー

こっちは詳しく書かないけど、東京適性を元に考えてみた。週初めはこれで行くつもりだったけど、どの馬も重は走れそうにないから、明日もし稍重までで済めばこっちを買う予定。

ちなみに東京の2000mでは外枠不利なので、相当力が抜けてないと勝てないとみる。よってリンカーンは斬ります。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-10-30 19:33 | 競馬

映画

俺はあまり映画を観ない。話題の映画とかでもよっぽどの事がないと観ない。

あの「タイタニック」すら観た事がない。

多分、今後もあまり観ないんだろうなあ。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-10-29 19:01 | 娯楽

目線

人と話す時に相手の眼を真っ直ぐ観て話すのが好ましいのは言うまでもないことだろう。そりゃ、必要以上に見つめ過ぎるのも問題アリなんだろうけど。

改めて考えてみると、俺は別にやましい事がある時でなくてもあまり相手の眼を観て話していない気がする。相手が女の子なら尚更なんだけど、何となく相手の眼を観て話すってのが恥ずかしい気持ちがある。

自分の目線の行方が相手からどう見えてるかってのは客観的に見る事は出来ないからどん位目線が外れてるのかは分かんないけど、あまりに目線が外れてると自分の発する言葉の説得力が減ってしまってるんじゃないかと思う。

逆を考えても、人が話してる時にその人の眼を観て聴いてるかって言うと微妙なとこがあるんだけど。

出来るだけ目線を合わせて会話をしていくようにしよう。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-10-28 18:51 | 思考

スポーツとメンタリティー

a0021542_17254435.jpg名古屋には中日と共に名古屋グランパスエイトというプロのスポーツクラブがある。ちょっとサッカーに詳しい人なら知ってると思うが、数年前まで「ピクシー」ことストイコビッチが在籍し、その数年前には今をときめくベンゲルが監督をしていたチームである。

では何故メンタリティーの話題なのにグランパスなのか?というと、グランパスはメンタリティーに問題があると思ったからだ。

グランパスは短期のトーナメント戦である天皇杯には2回優勝しているが、リーグ戦ではベンゲル時代の2位が最高で、最近は中位が定位置になっている。

サッカーの評論などでよく使われる言葉に「勝者のメンタリティー」って言葉がある。どんなスポーツにも言える事だろうが、強い人や強いチームはどんなに劣勢でも自信を持って、諦めずにプレーが出来るって事だと思う。グランパスにはこれが欠けているような気がして仕方がない。

単純に能力の比較だけすれば上位のクラブとの差はあまりないと思われる。ではどこで差が出るのか?やっぱり精神面の差が出てると思われる。グランパスの試合は勝っていてもなんかプレーやチームの雰囲気に余裕が感じられないし、負けていても必死こいて追いついてやろうっていう気迫が感じられない事が多い。何となく淡白にプレーしてるように見える。

グランパスに必要なのは精神面を変えていける監督や選手なんじゃないかな。

話を戻して、どのスポーツにも「勝者のメンタリティー」ってあると思う。俺らの身近なとこでいうと、高校ラグビーの西陵なんかそういうものを持ってるんじゃないかな。どうしても愛知県のチームは打倒西陵でやってるし、西陵も愛知県なら勝って当然みたいなとこがあるんじゃないかな。

スポーツって単純な身体能力だけで決まらないからおもしろいんだろうね。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-10-27 17:18 | スポーツ

オレ竜、50年ぶりの日本一ならず

オレ竜、西武に負ける

残念!オレ竜負けちゃったね。

やっぱり日曜の試合を落としたのが痛かった感じだね。ポストシーズンでも際どい試合を続けてきた西武の底力と執念が上回ったってことなんだろうか?

ファンとしては当然来年のセリーグ連覇と日本一に期待したいとこだけど、どうだろう。

前回もその瞬間を名古屋で味わえなかった俺は連覇を期待したけど、投手陣を始めとして、移籍や退団があって選手が変わっちゃった2000年は連覇ならずだったから、来年はどうなんだろう。

今年1年「オレ流」采配だった訳だけど、来年は他球団もそれなりに研究してくるだろうし、同じように出来るかどうか。

でも、今シーズンも低い下馬評を覆しての優勝だったから来年も予想外の連覇ってのがあるかもね。相変わらず開幕前の評価は低いかもしれんけど。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-10-26 11:01 | スポーツ

風邪

季節の変わり目だからか、万馬券の反動か、ちょっと風邪気味な状態だ。

今の俺はバイトの状況や勉強の進行具合からいって、寝込む訳にはいかない。

でも、風邪気味なことは何回かあるけど、ここ最近で風邪で寝込んだってのは雪の降る下呂の川べりの温泉に入って、そのあと裸で川に入った時以来3~4年ないなあ。俺って結構タフなんだなあと思う。

やっぱり身体が資本だし、元気があれば何でも出来るってとこだよね。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-10-25 13:37 | 出来事

祝!万馬券初的中!

a0021542_13263432.jpg
皆さんありがとうございます!競馬人生初の万馬券的中でございます!

しかも◎-○で的中でございます!なんかまさに読みがハマッたって感じで、会心の予想でした!

この調子で勝ってければいいなあと思います。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-10-24 16:59 | 競馬

菊花賞予想

さて、今週は牡馬クラシック3冠目、菊花賞です。去年のこのレースから丸1年当たりから遠ざかってる俺としてはまたこのレースを取って、せめて「菊男」と呼ばれたいところです。

◎デルタブルース
〇ホオキパウェーブ
▲スズカマンボ
△コスモステージ

まず◎デルタブルース、3000mの菊花賞はやっぱり距離適性。この馬は2400m以上の距離の実績充分、血統的にもダンスインザダークの仔で、母系も長距離は向きそう。近年の菊花賞は一時期みたいな単純な「スローでヨーイドン」じゃなくなってきてて、好位から長くいい脚を使うタイプが有利と見る。コスモバルクが引っ張ってペースが速くなるかもしれないが、それでも好位につけれるこの馬を。不安なのは大外枠だけど、過去のデータから外枠でも問題ないと判断。

〇ホオキパウェーブ。長くいい脚を使えて、長距離実績も十分。血統的にも問題はない。春はハイアーゲームに負けているが、右回りの3000mで巻き返すとみる。

▲スズカマンボ。この馬はどっちかっていうと追い込みタイプだが、中団やや後方あたりなら差し届くとみる。前走は古馬相手に勝っているし、調教の動きも良さそうだから。

△コスモステージ。菊花賞は堅く収まらないとみて大穴候補の1頭。やっぱり距離実績から。逃げで勝ってきてるみたいだから逃げれなかった時にどうなるかだけど、距離が伸びて何とか2着ならってとこに期待。マイネルデスポットみたいな穴の開け方をしてほしい。

ハーツクライは追い込み1手の脚質に不安あり。前哨戦でケイアイガードを捉えられなかったのも気になるところ。それで斬り捨て。

ハイアーゲームは右回りが不安。前走もちょっと物足りない気がするので斬り捨て。

コスモバルクも気持ち的には応援したい気はするが、やっぱり掛かる気性は3000mを走る上でマイナスとみる。前走レコード駆けや調教での動き過ぎの反動が気になるところ。斬る。

以上が菊花賞の予想。

菊花賞について、最近は路線の多様化で3歳の秋の目標をここではなく天皇賞に置く馬が増えてきた。個人的には長距離のレースの方が好きなのでちょっと寂しい。確かに馬主や調教師としては適性がないと厳しいレースを走るよりも古馬との戦いであろうと適性のある距離を走った方がいいということなんだろう。

でも、やっぱりファンとしてはまだまだ3冠レースってのを意識するし、3歳の有力馬が3000mに挑むのを見たいと思ってる部分があると思う。

時代はスピード競馬で、春の「変則2冠(マツクニ2冠?)」みたいにマイルや2400mまでは重要視されても、長距離はあまり重要視されなくなってきてる気はするだけど、そんな時代だからこそ長距離で目立つようなアクの強い馬が出ればもっと人気を得れるんじゃないかな。

強い馬であることに越したことはないんだろうけど、ファンとしてはステイゴールドヒシミラクルみたいななんか目立った特徴のある馬に思い入れをもてるんじゃないかな。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-10-23 11:42 | 競馬

「ブログを書く」という事

俺は友人のブログを読み始めた事で自分もブログを書く事を始めた。

アメリカでは新聞記事のように政治の話題やスクープを書いて、そこから大事件になったりするようだが、俺のブログに対するスタンスは書きたい事を書くだ。

最初から俺の捉え方として、「公開の日記」って感じに捉えてて、もっと言うと「公開の」って部分の意識も結構薄い。

正直言って、プロレスの記事や競馬の記事を読んでもらってる人は少ないと思う。長い文章は読まない人もいると思う。

でも、だからって言って万人受けする記事を書こうとも思わない。確かに多くの人が観てくれるのはうれしい。けど、別に人気のブログみたいな1日何千人の訪問者ってのを目指してないし、そういうものにこだわってるところは全然ない。

自分がブログを書く事によって自分の中にあるものを吐き出してるって事もある。

読んでもらってる人からいろいろ意見をもらうし、それを参考にする部分も多い。けど、基本的にはこれまでのスタンスで書いていきたいと思う。

そりゃ公開してるものだし、読んでくれてる人がいる以上はどこまで読んでる人を意識するか?ってのは常に問題になってくるとは思うが、読んでくれてる人の意見を参考にしながら、書きたい事を書くってスタンスを続けたい。

こういう形で書いてくことで深い部分の「自己紹介」ってのをしてるって意識もあるからね。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-10-22 22:30 | 思考