<   2004年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

俺とラグビー

以前「俺と競馬」ということで俺の趣味の始まりを書いたので、気が向いた時にその他の趣味の始めについても書いていきたい。

今日はラグビーについて。a0021542_15544870.jpg

俺は中学時代から始めて大学卒業まで10年間ラグビーを続けてきた。俺の行っていた中学は名古屋市内では珍しく中学校にラグビー部があった。

俺は小学校時代野球をやっていたのだが、自分の運動神経のなさを実感していて、中学に入ったら小学校にはなかった部活をやろうと思っていた。バレー、テニス等がその候補だった。

だが、行動するより頭で色々考えるタイプの俺はバレー部に入った自分を考えた。運動神経がなくて、太ってる自分がやれるポジションがあるのだろうか?と。そこで浮上してきたのがラグビー部だった。

この頃はラグビーの試合なんて見たこともなく、太っていてもできるスポーツくらいの認識しかなかった。仮入部期間にラグビー部の練習へ行った。内容は当然の事ながらしんどいことなどなく、1年が楽しめるような内容だった。実際俺も楽しいと思った。

そこで、1週間の仮入部で他の部に行く事なく、ラグビー部への入部を決めた。ただ、入部後の練習は厳しかった。おそらく新入部員全員が「だまされた」と思ったんじゃないだろうか。まず、学校のグランドは野球部、ソフト部等が使っていて使えない為、小幡のグランドまで練習前に走って行く。そのペースが結構速いので、最初のうちはかなり遅れながら走っていた。

しかも練習はほとんどが走るものばかり。俺の身体もあっという間にシェイプアップされていった。顧問の先生も熱血先生で、殴る、蹴るも余裕でありって感じの先生だった。おそらく時代を考えるとそういう先生は俺ら世代で最後なんじゃないかと思う。

そんなこんなの部活だったから、辞めてく人間も少なくなかった。おそらく、俺も先生や他の連中から見たらすぐに辞めてくと思われてたかもしれない。確かに毎日がしんどかった。

でも、なぜか辞めようとは思わなかった。何とか続けようと思った。確かにチキンな俺だから辞めるって言い出せないってこともあったとは思う。でも、何とか続けようと思った。

その後の事を書いていくと長くなり過ぎるので書かないが、練習も慣れてくると最初ほどしんどく思わなくなっていった。慣れって恐ろしいもんだ。

結局、楽しいこと、つらいこと、色々あったけど、何とか3年間辞めずに続けれた。

俺とラグビーについてはこんなとこ。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-07-31 15:43 | スポーツ

ハイテンション、ローテンション

俺はその日の気分や体調によってものすごくテンションが変わる。

極端な人間なだけに、気分がいい時は思いっきりハイテンションになって、1人で暴走気味にしゃべりまくる。

一方、疲れている時や眠たい時、ミスしたり怒られたりした時はかなりのローテンションになる。ほとんどしゃべんなくなって、すごくムスッとした顔をする。

正直、昨日は長時間バイトをしていて結構疲れていたので、バイトの終わりに近い時間はかなり機嫌が悪かったし、テンションも低かった。

自分でも明らかにテンションが高い時と低い時があるのを自覚してるし、他の人がそんな感じだったらやりづらいだろうなあと思う。実際友人から「テンションの低い時は疲れる」と言われた。「なんかお前に対して悪いことでもした?」って気分になるらしい。

俺は色んな面において極端な人間だと思う。そのくせ重要な場面では優柔不断でチキンだけど。

なんか自分の中で、作り笑顔はしたくないって思ってる部分があるんだろうね。でも、いつも笑ってるような感じの方が印象もいいし、他人も気持ちいいんだよね。自分が人を観る時もそう思うもんね。いつも難しい顔してる人はやりづらいからね。

ま、そういうことで出来るだけ笑顔でいれるようにしよう。ちなみに最近は結構テンション高めなんだけどね。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-07-30 19:35 | 思考

サビオラはバルサに残るのか?

サビオラがバルサを去る可能性が高いようだ。個人的には携帯のストラップがバルサの7番のサビオラのものだけに、できればバルサを去ってほしくない。

う~ん、でもどうなんだろうね。クライファート、コクー、ライツィハーは移籍したし、オーフェルマルスは引退らしいけど、その代わりにジュリとか、ラーションとかを獲って来てるからなあ。なんとかバルサに残ってもらいたいなあ。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-07-29 09:24 | スポーツ

電車内のマナーについて

昨日、今日と電車内で印象的な事が2つあった。

まず、1つめは昨日の朝、結構混んでる電車の中で、席に座って化粧をしている若い女性が2人いた。

その話を専門学校で友人に話したら、それは「なし」だと言っていた。よく最近の電車内のマナーの悪さの話題で出てくることであるが、俺は別にどちらかというと「あり」って感じだね。

でも、結構混んでる電車の席に座ってだから隣に座ってる人はいい思いはしないかもね。俺は遠目からその様子を眺めてただけだから別に迷惑でもなく、ああ、化粧ってこんなことすんのね、って感じだったけどね。

化粧する前も全然普通な感じだったから、汗でメイクが崩れたのを電車内で修正してたんだろうか?眉毛も書き足してたし。

年配の人の感覚で、電車で化粧するのはマナーが悪いっていうのは、化粧を人前でするのは恥ずかしいことだって意識なんだろうか?俺にはよくわかんないな。

でも、やっぱり地面に座り込むのは理解できないし、見苦しいよね。特に女の子は。ものすごく品が無く見えるよね。

それと、今日の帰りに途中から保育園児の集団が乗ってきた。当然ワイワイって感じでちょっと騒がしかった。

俺は結構子供が好きなほうだからにこやかにその様子を観てた。女の子はおとなしく座ってたけど、坊主どもは落ち着きなく座ったり、立ったりしていて、やっぱり野郎はこれぐらいの年から変わんないなあとか思って観てた。

でも、向かいに座ってた学生と思われる若い女性は恐ろしく怖い眼つきで、いかにも「うぜ~んだよ!」って言いたげに怪訝そうに子供の方を睨みつけてた。

個人的な意見だけど、子供嫌いな女の子っていくら綺麗だったりかわいくても、あんまり好きになれないな。まあ、すごく個人的なことだからサラッと流してもらって全然いいんだけど。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-07-28 16:48 | 世間

NOAH東京ドーム大会

ちょっと遅くなったけど、NOAH東京ドーム大会について。

NOAH東京ドーム大会a0021542_1921932.jpg

俺はTVで見たわけじゃないから相変わらずゴングの記事からの推測になっちゃうけど、やっぱりNOAHは純プロの砦だって証明されたような大会だったみたいだね。

全日からカシン、ケア、武藤、パンクラスから鈴木みのるが来てはいたけど、メインは秋山vs小橋で、やっぱり年間ベストバウトも狙える試合だったみたい。

色々試合があったけど、やっぱり1番気になるのはカシンだね。純プロの中にあって、試合で魅せる上にふざけた感じも出すってのがいいよね。徹底した中西イジリとか。

でも、三沢や秋山、小橋、新日で言う天山、蝶野、永田みたいなレスラーがいて初めて成り立つと思うけどね。みんながみんなカシンキャラだったらおもしろくないだろうなあ。

ドームの秋山vs小橋の試合では断崖式エクスプロイダー場外へのブレーンバスターが出たみたいだけど、その闘いを振り返ったゴングの秋山の記事は「プロレスの本質」とは何か?のヒントになるようなことが書いてあった。

要約すると、プロレスの試合はお互いが致命傷を負わないギリギリの線でいかに技を掛けたり、受けたりできるかなんだってことだった。俺もプロレスの魅力の1つは「受け」だと思う。確かに何でもありってのもまたプロレスなんだけども、そこに「受け」の技術があるか、ないかで観る側も印象が違ってくるんじゃないのかなあ?

俺はNOAHが今のスタイルでやってって、新日本がもう少し考えたスタイルでやってけば、プロレスはK-1やPRIDEにも対抗出来て、生き残っていけると思う。

やっぱり「プロレスラーは強い」んじゃないかな?

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-07-27 18:54 | プロレス、格闘技

尾張旭市職員採用試験 part2

今日は集団討論の試験があった。

控え室で待っていると、15時15分の集合時間に遅刻してきて、15時半頃に来た奴がいた。同じ集団討論を受ける受験者の中に同じ高校のタメの女の子もいた。

控え室から会場へ移る。テーマは市民の健康のために行政は何をすべきか?だった。

まず、10分間個々に考える時間を与えられる。10分経ったころに受験者の1人が「そろそろ10分ですよね?」と声をかける。別の受験者が「そうですね」と言い、仕切る。

討論の詳しい中身は省くが、司会は仕切りきれなくて意見を言う人間とそうでない人間が結構分かれる。しかも議論の的を絞り切れていないため、グダグダ感が漂う。その中でも自分はそこそこ言いたい事は言えたと思う。

グダグダになった原因の1つが遅刻した奴の自己中的な発言だ。彼は流れに添わないような発言をしたり、的外れな発言をしていた。

司会も結局まとめ切れていなかった。う~ん、集団討論としてはどうなの?っていう感じだった。

まあ、こんな感じっすかね。こん中から何人受かるんだろうね?俺は教養できんかったから落ちてると思うけど、今日のメンバーみんながすでに落ちてる人間ばっかりだったら笑えるね。同じ高校の女の子は受かってるといいけどね。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-07-26 19:24 | 出来事

尾張旭市職員採用試験 part1

最近はここに書きたい話題がたくさんあるのだが、今日あった尾張旭市職員採用試験の話題。

俺の第1志望は尾張旭の市役所なのだが、今回の試験に関しては仕事を辞めてからあまり期間も無く、知識量を詰め込むのに時間が足りないと思い、様子見の意味合いも含めて受けた。

教養試験の感想は、やっぱり知識不足で、やっぱり厳しいなあっていうのが感想。ただ、1年後はこれを7~8割解けないと合格は無い。正直言って今のままではヤバイと思った。

その後に事務適性検査と対人適性検査。事務の方は数字の列が同じものを選んだり、図形の同じものを選ぶってやつ。対人適性検査の方は質問にはい、いいえ、?で答えていくもの。おそらくこの2つは合否には全く関係ないものと思われる。

この手の適性検査をやるとどうしてもいつもその質問内容を見て笑ってしまう。例えば、「人に言えないような事を考える事がある。」とか、「下品な話に笑い転げてしまう事がある。」とか、「1人になると自由や善悪について考える」とか。

俺はいつも質問に答えながらニヤニヤしてしまうんだけど、他の人間はどう思ってやってるんだろう?みんな真剣にはい、いいえを考えながらやってるんだろうか?ちなみに俺は5分で回答を終えた。

受験者の名前を見ていたら高校時代のタメの奴が2、3人いた。特別話をすることもなかったのだが。

明日は集団討論がある。教養の時点でダメだったと思うが、練習だと思って受けてきます。と、言うことで明日は集団討論体験談を書く予定。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-07-25 14:14 | 出来事

新機能「ライフログ」

最近ブログのシステムがバージョンUPしていて、ライフログなる機能が付いた。

もう気付いてる人もいるかもしれないが、右の柱の一番下に本のリンクがあるが、これがライフログってやつ。本の宣伝ではない。

この機能は自分のお気に入りの本やCDやビデオを公開できるっていう機能。ただ、自分的には短いコメントも付けれればいいなあと思うけど、付けれないので、コメントを書きたいものについては本文で書いてきます。

「覚悟」
田原成貴  
俺の価値観に多大な影響を与えている1冊。自分を張ること、本音でぶつかって行く事、自分を高めることについて書かれている。俺に対する影響を考えた時、自分を張ることと自分を高めることの内容が紙一重なため、自分を張る事の方の影響を強く受けてしまって、自分の中の向上心が薄くなってしまってる気がする。 ちなみに著者は競馬ファンなら誰もが知っていると思われる元名ジョッキーで、マヤノトップガンの主戦ジョッキーだった。現在は銃刀法違反、麻薬所持で捕まっている。

ぼくは勉強ができない
山田詠美  
この本も自分の価値観に結構大きい影響を与えている。この本もある種の「自分らしさ」を描いている。大学入試の対策問題、センター試験の国語の問題と2回に渡ってこの文章を読んだあと、おもしろそうだからと思って小説を買った。

ライフログも1日1つ追加してく予定なんで時間があったらチェックしてみてください。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-07-24 16:21 | 娯楽

時間とお金

学生、社会人、専門学校生とやってきて、お金と時間について考える。

学生時代は時間はあるがお金がない。
逆に、社会人は時間はないがお金はある。

そんな感じがする。あくまで自分が実家暮らしという大前提があってのことだが。

社会人をやってた頃は万単位の物でも欲しいものがあったらあまり細かい値段を気にせずに買い物したり、営業の途中とかでも喫茶店に入ってコーヒー飲んだり、コンビ二で買い物するのも余裕だった。しかし学生時代は万単位の買い物は簡単にできなかったし、コンビニでお金を使うのですらちょっとためらったりした。

ちなみに今は?というと、お金も時間もない状態に陥っております。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2004-07-23 18:31 | 思考

流行ったもの、マイブーム part4

最後に大学時代

将棋
ブーム範囲  
合宿で将棋をちょこっとやっていたのを見て部活内で流行らそうとした。ちょっとだけブームに。将棋のルール自体は小学校から知っている。

あいのり
ブーム範囲  ☆☆☆
言わずと知れた恋愛観察バラエティー。現在も録画をしてまで見ている唯一の番組。世間の人と同じように恋愛の幻想に浸る。ちなみによく「お前が行け」と言われるが、1度も応募のハガキを出したことはない。

パセリ
ブーム範囲  ☆☆☆
塩釜口にある洋食屋。東京の友人に教えてもらう。主に定食がメインだが、メシ、おかず共にサイズがでかい。値段はそれでも1,000円以内。調理している人が童顔だが、威圧感を出していて、残しづらい雰囲気を醸し出している。

いっつあん
ブーム範囲  ☆☆☆
瑞穂区にあるもんじゃ焼きの店。これも東京の友人の紹介。過去何回か行っていて、自分でもんじゃを焼いたこともある。バイトの店員さんの接客がかなり心地良い。もんじゃを焼いてもらう時も話かければ結構会話が弾む。サイドメニューに「豚キムチ」を必ず頼むのが俺らうちでのこだわり。

以上、小学校時代から大学時代(今を含む)の流行、マイブーム。

じゃ、また。




a0021542_1791291.jpg
[PR]
by toproad3000 | 2004-07-22 17:07 | 娯楽