カテゴリ:娯楽( 76 )

『テレビの鬼』

a0021542_17161031.jpg『テレビの鬼』(ナンシー関著)を買ってしまった。コンビニでバイトしてたら単行本が入ってきたから。内容的には友人宅で1回は読んでる気がしたんだけど、読んでない内容も含まれてるような気もして買ってしまった。

古いものだと90年代前半、新しいものだと2002年のものなんだけど、取り上げられてる迎中で結構多くの芸能人は未だテレビに出てる。消えてしまった人もいるけれど。

相変わらず「ナンシー節」はおもしろい。何となくみんなが思っている(思っていると思われる?)ようなことをズバリと言葉にする。コアなファンからしたら「毒づかれてる」と思われるような内容を堂々と書く。使う側のことを考えながら、視点は視聴者寄りって感じ。

2002年に亡くなったんだけど、今の芸能界についてどんな風に書くのか知りたい。無理な話だけれど。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2006-02-21 17:14 | 娯楽

ライフログ解説 part6

久々のライフログ解説、しばらく書いてないからかなり溜まってるな。1日1つ挙げてるライフログだけど、誰も気にしちゃいないだろうな。

hitomi
小室全盛期以降、消えていく人も多い中、生き残ってる。俺的には『by myself』『SAMURAI DRIVE』が好き。

Tommy february6
ブリグリのTommyのソロプロジェクト。最近ではメガネ萌えブームの立役者とも言えるかも。俺はメガネにはグッと来ないけど。『EVERYDAY AT THE BUS STOP』が好き。

東京事変
こちらは言うまでもなく、椎名林檎のバンド。ここには『群青日和』しか挙げてないけど、これからって感じだね。追加しとかなきゃ。

椎名林檎
スペースシャワーが観れた時代に『ここでキスして』がよく流れてた。『本能』が流行ったのが中国留学(合宿)時代。リアルタイムでは聞いてないことになるのだけれど、そういう時期的な印象が強い。

矢井田瞳
デビューは椎名林檎と同時期頃だと思う。『My Sweet Darlin』が好き。

島谷ひとみ
一応聞くけど、そこまで好きって感じでもない。『パピヨン~papillon~』が好き。

m-flo
リサがいた頃がよかった。「lovesシリーズ」はあまり聞いてない。聞いたのはここに挙げてるwith 野宮真貴くらいだろうか。『Come Again』『How You Like Me Now?』が好き。

RYTHEM
知らない人も多そうなグループ。コンビニでバイトしてる時に流れてた『万華鏡キラキラ』がよかったから聞きだした。

CHEMISTRY
今や日本のトップアーティストになったCHEMISTRY。でも、バラードがあんまし好きじゃない俺はそこまで好きでもない。Crystal Kayとの『TWO AS ONE』やデビュー曲の『PIECES OF A DREAM』が好き。

YUI
最近、『TOKYO』が注目を集めてる。これから売れるって感じだろう。聞いた曲は適宜挙げていく予定。

愛内里菜
俺は観てないからよく知らないけど、『コナン』のテーマになってることが多いという印象を受ける。『Dream×Dream』『I can’t stop my love for you』が好き。

コブクロ
やっぱり『桜』かな。春じゃなくて、寒い時期にこのタイトルで出したのが作戦勝ちな感じがする。

平井堅
『大きなのっぽの古時計』のカバーは反則でしょう?と思った。バラードが多いからそこまで好きでもない。『POP STAR』『KISS of LIFE』は好き。

BENNIE K
基本的のはどの歌も好きだけど、with SEAMOの『a love story』が1番好き。

YUKI
言わずと知れた元ジュディマリのYUKI。相変わらずの声、存在感って感じ。『joy』が好き。

久保田利伸
やっぱり『LA・LA・LA LOVE SONG』でしょう。

だいぶ長くなったから、これくらいにしておこうか。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2006-02-11 18:23 | 娯楽

「考える」映画

映画はあんまし観ない俺だけど、「何か考えさせられる」映画が好きなようだ。ハリウッドものみたいなアクションとかは特に観ない。

そういう映画って気分転換とかで観るって人も多いようだけど、俺はそういう部分はスポーツを観ることでしてると思う。

映画によって何か考えさせられるようなヒューマンドラマ系が俺は好きだ。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2006-02-05 19:58 | 娯楽

『プライドと偏見』

a0021542_17213847.jpg『プライドと偏見』を独りで観てきた。今日は1日だから「映画の日」らしい。1,000円で観れた。

客層は中年の女性が多かったような気がする。20人前後ってとこか。確かに野郎1人で観るような映画ではなかったのかもしれない。でも、そこに踏み込んでいく。

詳しい内容は下で。

じゃ、また。

『プライドと偏見』の感想
[PR]
by toproad3000 | 2006-02-01 17:42 | 娯楽

『スタンドアップ』

a0021542_23202834.jpgまたまた平日の昼間に映画を観てきた。13時10分からの『スタンドアップ』。いつものシネコンは駐車場がいつもより混んでた。シネコンだけの駐車場だけじゃないんだけど、平日の昼間で何でこんなに混んでるんだろう?って思った。

20分前に劇場に入ったら誰もいなかった。プライベート状態を期待したんだけど、さすがにそうはいかなかった。客は女性が2人くらいとじいさん2人、おばさん1人に野郎の2人連れ1組って感じ。

平日の昼間だから客はこんなもんか。

詳しい内容は下に。

じゃ、また。

『スタンドアップ』の感想
[PR]
by toproad3000 | 2006-01-24 23:13 | 娯楽

『できればムカつかずに生きたい』

昨日の記事は削除しました。勝手に突っ走った記事書いて申し訳ない。

さて、今日は『できればムカつかずに生きたい』(田口ランディー著)の感想。CM業界を勉強しようと思って本屋にそれっぽい本を買いに行ったけどなくて、何か読みたくなるような本ないかなあって思って買ったのがこの本だった。

大まかな感想は同じようなこと考える人っているんだなあって感じだった。何が同じようなことかって言うと、以前書いた、俺を作ってるものだったり、物事の2面性だったり、モノの見方だったりっていうことがこの本にも同じように書いてあった。

それと、興味を持ったのは、犯罪者の心理的なものについて考えてる部分だった。著者は犯罪者と同じような心理的な部分を見つけていたりする。俺にもそういう部分はあるように思う。自分の内面にこもっていこうとする部分。

また、オウムの事件について、「どこにも住めない人間を作ってしまっていいのか?」っていう疑問も書いてあった。その通りだと思う。

そこを読んで思い浮かべたのはバイトの後輩だった。悪口を書く気ではないんだけど、俺から見た彼はワイドショーのコメンテーター的な考えをしてる部分があると思ってる。優等生的発言が多いような。そんな後輩がこの本を読んでどう思うんだろう?って思った。

最後はちょっと本題からはずれたかもしれないけれど、感想はそんな感じ。

おもしろい本だから読む機会があるなら読んでみてください。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2006-01-15 20:06 | 娯楽

スキージャンプ・ペア1&2

遅ればせながら、スキージャンプ・ペアを観た。俺的には中笑いって感じだった。

ドカーン!っていう感じの笑いじゃなかったけど、「笑える作品」であることには違いない。

個人的に好きなのはドイツの皇帝ヴィドヘルツル(同じ名前の選手が実在してた気がする)やアメリカのジェフ&テッド(ジェフ on the テッドとも言う)だ。あとは中国の太極拳は動きがリアルだなあと思ったし、韓国のメガネはその手があったかって感じだった。韓流ってどうやって表現するのかって思ったら、メガネだった。でも、黄色いふちのメガネって笑瓶のトレードマークなんじゃないのか。

改めて「語る」のもちょっと厳しいところがあるから感想はこれくらいで。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-11-18 19:36 | 娯楽

t.A.T.u再来日

a0021542_1757955.jpg「ごめんなさい」連発

お騒がせ歌手(?)のt.A.T.uが再来日したらしい。前回のドタキャン騒動で日本ではそうとう評判が悪い。

何で今日これを取り上げたかって言うと、ちょっと前に観たアマゾンの『WOMAN6』のプレビューが引っ掛かってたから。そこには「t.A.T.uの曲を入れたことでアルバムの質が下がった」みたいなことが書いてあった。

t.A.T.uの曲自体は悪くないと思ってる自分にとってはその意見ってどうなの?って思った。

確かに前回の来日でミソをつけてしまった感はあるけれど、最初に注目された時は歌の評価で注目されたはずだ。レズっぽいPVが話題になったってのもあるかもしれないけれど。

何だかんだ言っても地元のラジオ局のチャートで1位になってたりしたし、曲自体は悪くないと思うし、ドタキャンにしたってある意味「ロック魂」みたいなもの(ロックについて詳しくないからそれは違うって言われるかもしれないけれど)であって、それもプロモーションの1つなんじゃないのかなあ。

俺はt.A.T.uに対してそこまで悪いイメージは持ってないな。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-10-10 17:56 | 娯楽

邦楽と洋楽

以前、邦楽と洋楽の歌詞の違いについて書いたけど、(洋楽の歌詞)最近ふとその理由の1つじゃないかって思えることを考えた。

それは邦楽はドラマタイアップからヒットが生まれてたってこと。日本の曲のヒットってのはドラマ中心のヒットが多いから、ドラマの主題歌がそのドラマのイメージと違ったら当然マズい。爽やかな恋愛ものとかでちょっとやらしい感じの歌詞は合わない。

逆に洋楽はドラマタイアップって形じゃなくて、ライブだったり、クラブシーンだったり、ラジオだったりってところがヒットの発信源なんじゃないかって思う。詳しいことは分からないけれど。そうなるとちょっと刺激的な歌詞のほうがウケがいいのかもしれない。

実際のところそれが理由なのかは分からないけど、そんな仮説を考えてみた。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-10-09 13:41 | 娯楽

ドラマ版『電車男』

a0021542_18592128.jpg第2回を除いて最後まで結局観たドラマ版『電車男』の全編の感想。

今、初回を観終わった時の感想(ドラマ版『電車男』第1回)を改めて読んだんだけど、まんまとハメられてるよね。もこみちは彼氏じゃないもんね。

話の大筋は原作通りで、ドラマ版独自の展開っていうとサーフィンとオタク暴露ってとこだった。最初はダメっぷりが強すぎると思った電車もラストを考えればあれでよかったのかなあとか思う。エルメスは伊東美咲でよかったと思う。映画版の中谷美紀の時は微妙だったけど、ドラマ版の最後にチビのりダーと伊東美咲がキスする時とか、「俺も伊東美咲とキスしたい!」とか思ったもん。すいません、アホらしいこと書いて。

コメディータッチな部分もあってそれなりによかったんじゃないかな。豊原功輔を筆頭にホリケンやエスパー伊東が出て来たり。オヤジが岸部シローってのも電車のダメさに説得力を増させてよかったんじゃない。あとは白石美帆。映画版が真剣な感じが強かった分だけそういう印象も強かったのかもしれないね。

「エルメス伝説」も大体押さえられてたね。ちゃんとつかんでますからとか、黙って手を引くとか、あまりその気にさせないでくださいとか、手を握って「がんばって」っていうとことか。最後は公園だったし。欲を言えば伊東美咲に「大人のキス出来る?」って言ってほしかったけど。

これで電車フィーバーも一段落でしょう。『踊る』でこれだけひっぱるフジだから劇団ひとりの後にもサトエリ主演とか、白石美帆主演とか、もこみち主演とかでいわゆる「スピンオフ」なドラマを作るのかもしれないけど。

視聴率もよかったみたいだし、成功だったんじゃないの。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-09-23 18:53 | 娯楽