カテゴリ:プロレス、格闘技( 44 )

K-1 2005 Dynamite

a0021542_19113693.jpg今日はK-1 Dynamiteの感想を。

TVの放送時間は2時間だったようだが、永田の試合をもっと観たかったし、他のカードでも観たかったものがあるから、ちょっと短かったような気がする。

武蔵vsサップ。武蔵の精神力が絶賛されてたけど、結局はKO出来なかった。どうやら普段よりは手数を出してたようだけど、結局はあの程度かってところ。

魔裟斗vs大東。キックの経験の差が出た感じ。友人の言い方を借りれば、大東は「噛ませ犬」だったってことか。

ホイスvs所。所を絶賛する声が聞こえてきたが、俺は「さすがグレイシー」って感じた。グランドでも決め手を与えないところ、細かい張り手で下からプレッシャーをかけてたところはさすが。「所は強かった」って聞いてただけに、1本取るんだろうって思ってた。

曙vsボビー曙はプロレスに専念するべきだと思う。あれが曙の限界だと思う。ボビーも総合を2戦して、次がもしあるなら判定ではない「勝ち方の質」が問われるんじゃないだろうか。

KIDvs須藤。入場で魅せる姿勢って部分で須藤は評価出来ると思う。試合はKIDの強さが際立ってた。狙ってたんだろうね。

K-1ルールだと組み合ったらブレイクだからやっぱり物足りない感じがしたね。総合ルールでもドントムーブとブレイクでスタンドからの再開の基準もよく分かんなかった。ルールをもう少し紹介してほしかったな。

感想はこんなところ。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2006-01-06 19:08 | プロレス、格闘技

PRIDE 2005 男祭り

a0021542_15583760.jpgPRIDE 2005 男祭り 結果

去年もバイトだったため、例年通り年明けに見る大晦日決戦。まずはPRIDEから。

最初にフジテレビに注文をつけたい。出来れば試合をノーカットで流してほしい。最後に試合のリプレイを流す時間があるなら尚更だ。試合順や時間の都合があるのは分かるけれど。1Rが終わっていきなり3Rを流されても試合の流れが分かんないし、判定になった場合に2Rがないと理解出来ない部分も出てくると思う。

個人的には前回あたりから流れてる五味の試合前に流れたような青春ドキュメンタリーみたいな軽い感じの映像が好きだ。

さて、試合の感想。

金子賢vsクレイジーホース。金子賢は初陣でよくやったと思う。格闘技ファンとしては「なめるなよ」って気持ちがあるのは分かるが、自分の今の立場が立場だけに新しい挑戦を応援したくなる。三角絞めを決めれなかったのは経験の浅さかなあとも思うし、相手もプロだしなあとも思う。クレイジーホースはちょっと憎たらしいけど、いいキャラしてる。島田にタックルしてたのがおもしろかった。試合後にイエローカードもらってる選手を初めて見た。

中村vs近藤。結局は体重差がものをいった感じ。中村は相変わらず1本取れないのが課題か。

トンプソンvsシルバ。シルバ弱すぎ。DSEつながりでPRIDEにも出てるんだろうけど、総合はもうやめたほうがいいんじゃないの。ハッスルに専念してください。

瀧本vs菊田。菊田のうまさだけが印象に残った試合。瀧本は良さを全く出せなかった。1本取らせないところだけが「らしさ」か。

アレキサンダーvsナツラ。腕ひしぎを返したアレキサンダーはすごい。完全に極まったように見えたのだけど。近いうちに兄弟の頂上決戦もあるのかも。

ヒョードルvsズール。何と言っても悲しみの肉弾魔人に尽きる。あれだけ「皇帝危うし!」って煽っておいてあの負けっぷり。さすが。やっぱりいいキャラしてる。

ヘンダーソンvsブスタマンチ。同じタイトルマッチなのに五味の試合はあんだけ取り上げて、こっちは地味な扱い。確かに地味な試合で判定ではあったけれど。

五味vsマッハ。五味は強い!マッハの全盛期を知らない俺だから何とも言えない部分はあるけれど。やっぱりPRIDE初の日本人王者ってのに価値があるんだろう。レスリングから始めてあの打撃を使えるのはすごいと思う。

桜庭vs美濃輪。桜庭の入場は以前より地味になってる気がする。もっと何かしらの暴れっぷりが見たい。試合も予想よりは地味だったような気がするけど、お互いの持ち味は出てたんじゃないかなあ。美濃輪も足取ってたし、フィニッシュのシーンは桜庭vsホイスをほうふつとさせる感じだったし。

ミルコvsハント。ミルコは体調が悪かったっていうけど、それでも消化不良だったんじゃないかな。ほとんどスタンドの勝負だったし。逆に言えばハントの圧力がすごかったということか。

シウバvsアローナ。微妙な判定だったね。どっちが勝ってもおかしくないような。猪木vsアリ状態になるとどうしても立ってるほうが印象良くなるよね。まあ、シウバのリベンジ成功でめでたしめでたしってとこか。

吉田vs小川。吉田にはハッスルはしなくてもいいとしても、小川をおぶって退場するくらいはしてほしかったな。普通は道着を脱ぐっていう奇襲的なことをしたほうが負けたりするけど、そうはならなかったね。これからは道着を脱いでやってほしいな。あと、小川は優しすぎるんだろうね。そういう意味でもプロレス向きなのかもしれない。未だに『爆勝宣言』を聞くと泣きそうになるのはなぜだろう。

興行自体は成功だったんじゃないだろうか。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2006-01-04 15:53 | プロレス、格闘技

PRIDE30

PRIDE30結果

PRIDE30を観た。録画時間を間違えて桜庭の試合は観れなかったけど。

印象に残った点だけ書くと、まず、ズール。「ブラジルの悲劇の格闘一家」っていう触れ込みだったからどんなヤツかと思ったらデブデブだった。あの試合では強いのか弱いのかよく分かんなかったけど、いいキャラしてるのは間違いない。

ニンジャもいいキャラしてる。弟ショーグンに先を越されてるイメージがあるけれど、あの涙もろいキャラを押していければおもしろいんじゃないかな。

メーンはミルコvsバーネット。前からバーネットに期待してた俺にとっては失望半分、納得半分ってとこだった。

見た感じ絞り切れてなかった感じがした。ゴングにもそう書いてあった。距離を詰めてキックを封じる作戦はそれでよかったのかもしれないけれど、あの状態から投げたりしなきゃテイクダウンを取れないし、勝てないんじゃないだろうか。負けない試合をしたってことなんだろうか。結局判定で負けてるけど。もうバーネットはPRIDEには上がらないかもしれないね。

感想はこんなとこかな。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-11-16 19:21 | プロレス、格闘技

ハッスルマニア

a0021542_20572594.jpg元彌、HG、デビュー戦勝利!

昨日、東海テレビでやってたハッスルハウスを観た。そう、元彌、HGがプロレスデビューをするとウワサだったあの大会である。

結果はゴングを読んで知ってた。プロレス専門誌としての評価も読んでた。だからこそ実際の映像を観たかった。

ターザン山本やGK金沢は大絶賛だった。編集長は疑問を呈していた。実際試合を観た俺の感想はアリなんじゃないの?って感じだった。今回でハッスルは新時代に入ったって言うけど、確かにその通りかなあと思った。今まではプロレスファンにしか通じないパロディーだったのが、今回は対世間って感じだった。

確かに長州、天龍はあの場にはそぐわないのかもしれない。ハッスルは新しいプロレス、エンターテイメントであって、長州、天龍は昭和の匂いがプンプンするレスラーだ。パワーホールが流れて何となく気持ちが高鳴ったり、天龍の暴れっぷりにスカッとするファンがあの空間にはそこまで多くはなかったんじゃないか。今や「長州」って言えば「小力」な時代で、「あの人、小力に似てる」って言われてもおかしくない。そういう意味で次回は長州と小力の競演が見たい

ただ、素人同士がプロレスをするのもまたちょっと違うような気がする。やっぱりレスラーがある程度手加減なしなところを見せてこそっていう部分が大きいと思うし、それでこその「プロレスの興行」だと思う。昔のプロレスを知ってる人間はレスラーが脇に置かれてる状況が許せないかもしれないけど、俺は主役が芸能人で、レスラーは脇でもいいと思う。ただ、その中でもレスラーのすごさを出せればそれでいいんじゃないだろうか。

さて、元彌の試合に関してはプロレスファンの視点から言えばなかなかよく出来たアングルだなあってこと。プロレスを理解していない一般人は元彌が勝つとは思ってなかっただろうけど、それがアリになるのがプロレスのリングなのだ。総合のリングとは違う。俺は例の「空中元彌チョップ」を観て笑ってしまった。これがハッスルの世界なんだって思った。やっぱりプロレスは「何でもアリ」なんだ。だからおもしろい。元彌が勝つことに疑問を感じて、そこをどうこう言いたい人間はプロレスを観ないほうがいい。

HGに関してはここまで出来るのか!って感じだった。学生プロレスっていうバックグランドがあるにしてもあそこまで動けるもんなんだって。ロープワークもさまになってたし、人工衛星ヘッドシザースとかも使ってた。ハードゲイってキャラだけじゃないものを見た。これならプロレスファンも納得って感じだ。

やっぱりハッスルはおもしろい、そう思った。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-11-15 20:55 | プロレス、格闘技

ボビーvs曙!

a0021542_19414281.jpg「Dynamite!!」で元横綱と対戦!

大晦日の定番となった総合格闘技イベント、何とボビーvs曙が決定した。そんなマッチメークがあったか!って思わせる。さすがに谷川の頭はキレる。曙相手ならボビーでも何とか勝てないかって思わせる。

去年のアビディー戦では奇跡的(?)な勝利を飾ったボビー、今年はどうだろう。アビディーはそんなに体重もないし、総合の経験も浅い感じだったから組み付いてテイクダウンを取って勝てたけど、今回の曙とはどうだろう。ボビーのパンチはあまり強くないってアビディーが言ってたから、曙が前に出てくると判定では勝てないだろう。曙のパンチも強くなさそうだけど。

何となく角田vs曙みたいな凡戦になる予感もあるけどどうだろう。KOの予感もないし、スタンドで曙がコーナーに詰めるだけみたいな。

楽しみなカードであることは間違いないけどね。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-11-08 19:41 | プロレス、格闘技

和泉元彌ハッスルデビュー?

a0021542_1537452.jpgインリン、HGに続いて和泉元彌デビュー

ハッスルマニアで和泉元彌がプロレスデビューするらしい。モンスター軍、ハッスル軍、どっちに入るんだろう?自家用ジェットでの会場入りとかやってくれるんだろうか?

能の世界を知らないから和泉元彌がどれほどのものかは知らないけど、体張るね。

純プロのノア、エンタメのハッスルみたいな見られ方をしてるけど、ハッスルはハッスルで独自路線を行ってるよね。「プロレスは何でもあり」と思ってる俺としてはハッスルも別に悪いとは思わないんだよね。一般人の間の流行ってのを持って来ればそれをフィルターにしてプロレス界に呼び込めるって考え方だよね。

ただ、レスラーってそれなりに技を受けても平気な人種っていう体をそれなりに鍛えた人間でなきゃっていう思いはあるよね。ハッスルはよくアメリカのWWEと比較されがちだけど、そういうレスラーとしての基本とか技術ってのはしっかりしてて、そういう人がエンタメプロレスをやってるって部分でちょっと違うんだよね。

HGはアマレスの強豪だったらしいからまだしも、インリンとか和泉元彌みたいな「色モン」で客を呼ぶのはいいけど、他の試合ではプロレスを見せることも忘れてほしくないね。

もし和泉元彌がハッスル軍で出るなら高田総統からいろいろツッコまれそうだ。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-10-12 19:09 | プロレス、格闘技

「プロレスラー」曙

a0021542_19115443.jpgみなさんはが今プロレスをやってることを御存知だろうか?武藤率いる全日本にK-1所属のまま上がってるようだ。

何だかんだ言ってもプロレスにフィットしてるらしい。情報は雑誌からしか得てないかららしいとしか言いようがないが。

俺はプロレスファンだから清原とか、朝青龍とか、もめごとを起こすと「プロレスやれば」って言うことが多い。それがダメなら「総合やれば」って。それでもことプロレスに限って言えば「受け」の美学ってのがあると思ってるから、ポンと来て簡単に活躍されても「プロレスってそんなもんじゃないだろ」って思いもあったりする。

昔、M-1ってイベントがあって、サップvsホーストっていう試合があって、いかにもプロレスファンをバカにしたような「なんちゃってプロレス」だった。それがあるからK-1とかから来てプロレスをやるってのには懐疑的な見方をしてしまう面がある。

でも、今おもしろいって言われる全日本でいい形で試合が出来てるんだろう。K-1でボコボコにされるよりはプロレスで体を活かした方がいいんじゃないかな。一応、知名度ってのが地方巡業での入りにもいい影響を与えてるようだし。

今後の曙にも注目していこう。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-10-03 19:05 | プロレス、格闘技

PRIDE GP 決勝戦

a0021542_20344074.jpgPRIDE GP 決勝戦 結果

ミルコvsヒョードル頂上決戦が話題になったPRIDE GP 決勝戦、今回はスカパーに入ってるバイトの先輩からノーカットの4時間のやつを借りて観た。ではそれぞれの試合の感想。

中村vsボブチャンチン。中村が決めきれなかったっていう印象。ボブチャンチンもベテランだけに決めさせなかったって感じか。でも、昔のロシアンフックの威力、脅威はもうないような感じ。それでもあれだけの寝技を見ると中村は何だかんだいっても強いのかもしれない。あとはどうやって1本取るか?が課題かもしれない。

シウバvsアローナ。アブダビで勝ったアローナだからグラップラーだと思われてたんだろうけど、スタンドでの攻防でキレのいいローキックが決まってた。グランドに持ち込まれたらやっぱりシウバも分が悪い。今まであれだけ強かったシウバもアローナに完封負けって感じだった。

ショーグンvsオーフレイム。あのフロントチョークは完全に入ったと思ったんだけど、よく外したね。畳み掛ける時の速さはさすがだよね。

ヴェウドゥムvsゼンツォフ。柔術系の選手だけあって下からでも試合をコントロールしてたって感じだね。ヒョードルはあれだけ強いのにヒョードルと練習してる人間はなんでイマイチなんだろう?弟もミルコにやられてたし。

吉田vsタンク・アボットは吉田の完勝って感じだね。確かにアボットのパンチも強烈な感じではあったけど、当たんなきゃ意味ないからね。月並みな意見かもしれないけれど、吉田の打撃も向上してるんじゃないかな。打ち合いながらの流れでグランドで有利なポジションに持っていったから。

そしてミルコvsヒョードルのタイトルマッチ。これがメインでもってカードだったけど、今回はミドルのGPだったからこっちはメインにならなかったね。それでもすごい試合だったと思う。スタンドでもグランドでも紙一重の緊張感があったよね。お互い1発で倒せるパンチ、キックがあって、それをギリギリかわす凄み。ミルコの下になった時のうまさって凄かったね。でも、結局はヒョードルが上になることでプレッシャーをかけ続けたのが勝因だろうね。余談だけど、最初にグランドになりかけた時にヒョードルがミルコにアキレス腱固めをかけれそうな局面があったように見えたけど、それでは決まんないよね。プロレスファン的にはそれも「アリ」とか思っちゃうけど、ヒョードルもミルコもそんな決着は望まないのかもね。

GP決勝はショーグンvsアローナ。ショーグンは強いと思ってはいたけど、ここまで強いとは思わなかったなあ。もっと接戦になるかと思ったけど、ショーグンの圧勝だったよね。グランドでもアローナは何もさせてもらえてなかったもんね。

大晦日にシウバvsショーグンのタイトルマッチが組まれるかもしれないらしいけど、すごく楽しみだね。

あと、目に留まったのが、村上ショージのリングアナ。個人的には渡辺いっけいよりはよかったと思った。

次のナンバーシリーズは30回目だからどんな大会になるか楽しみだね。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-09-02 20:31 | プロレス、格闘技

爆勝宣言

a0021542_1046427.jpg今週のゴングを読んででなぜか思わず涙がこぼれそうになった。橋本の葬儀の記事を読んでて、出棺の時に赤の紙テープが飛び交い、前口上のあとに身長、体重がコールされて、『爆勝宣言』が流れたってことを知った時に。俺の頭の中にも『爆勝宣言』が流れた。やっぱり橋本に思い入れがあったってことだろうか?それとも橋本らしい送られ方に感動したんだろうか?

通夜、葬儀の参列者は一様に泣いていたり、暗い顔をしてたようだ。それに対して、橋本の「師匠」であり、憧れの人だった猪木はお骨になってから現地に現れ、終始笑顔で記者会見を受けていた。葬儀に間に合わなかったとことか、笑顔で語ったとことか、俺は勝手にそこに猪木らしさを見出してしまう。

「葬式なのに笑ってるのは不謹慎だ」って意見もあるだろうけど、俺は笑っててもいいと思う。そりゃ式の最中にずっとゲラゲラ笑ってるってのは場も読めなくてマズイとは思うけれど、故人との思い出を思い出してニヤリとする瞬間があってもいいと思うのだ。

人それぞれの故人の偲び方、送り方があってもいいと思うし、そういう儀式の間、形式とか雰囲気にとらわれすぎて常に暗い顔ばかりしてるのも俺の価値観から言うと違う気がする。もちろん生前の故人との関係によるけれど。

最後に、プロレス界としては利益とか団体間のしがらみを越えたところで、噂されてる武藤、蝶野、小川による追悼興行を是非やってほしい。名古屋でやるなら絶対に観に行くだろう。そうでなくても行ける範囲なら観に行くかもしれない。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-07-22 10:42 | プロレス、格闘技

破壊王、逝く

a0021542_1475347.jpg橋本真也、脳幹出血で亡くなる

「破壊王」、「ハッスルキング」こと橋本真也が昨日亡くなった。40歳だった。心臓が悪く、不整脈などがあったらしい。

NHKでもニュースとして流れてたと言うし、スポーツ紙はどこも1面で扱ってた。あれだけ中日の話題しか1面に載せない中日スポーツでさえ1面だった。橋本が岐阜出身っていうのもあるのかもしれない。

俺がこのニュースを知ったのは昨日の晩飯時だった。弟が「橋本が死んだらしいよ」って言ってて、それを聞いた俺は信じられなかった。そのままバイトに行ったら2人から同じような内容のメールが来ていた。ショックだった。

俺がプロレスを観始めた時期は橋本のピークと重なる。新日本のヘビーっていうと橋本だった。その頃のジュニアのイメージが強いんだけど、ヘビーを考えたら橋本のイメージが強いから、この頃が橋本時代の最盛期だったんだろう。

そしてその後小川との遺恨対決が始まる。プロレスに転向して間もない小川のSTOを何発か食らう。辻アナの「後頭部痛打!」っていう実況が思い出される。「負けたら即引退」といいつつもその後マット界に復帰、ZERO-ONEを立ち上げる。引退っていうのを撤回するのがプロレス的だと思った。

ZERO-ONEを立ち上げ、NOAHとも対抗戦をやった。その後小川とOH砲を組んだり、ハッスルに上がったり。ハッスルでの橋本のハジケた「ハッスルキング」としての姿をもっと観たかったと思う。

去年が闘魂三銃士の20周年で三銃士興行の話も出ていたが、新日本の社長の反対で流れた。こうなってしまったから言う訳ではないが、三銃士興行が観たかった。どことも絡める今の時代だから、プロレス界の危機を囁かれる今だからこそ、やる意義は大きかったんじゃないかと思う。そこで橋本vs小川が観たかった。あれだけの抗争を繰り広げたからこそ、決着戦を観たかった。

橋本の大ファンだったっていう訳ではないけれど、好きな選手の1人だった。中京スポーツ(東スポの地方版)の1面の入場の写真を観てると頭ん中に『爆勝宣言』が鳴り響いてくる。入場テーマとしてはかなり好きな部類に入る。

まだまだこれからだったと思うだけに、残念でならない。御冥福をお祈りします。

じゃ、また。
[PR]
by toproad3000 | 2005-07-13 01:42 | プロレス、格闘技